スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフィリエイトの神様が教える儲けの鉄則



アフィリエイトのプロらしく項目がよく分類・整理されている。

基本的なことも書かれており 初心者でも わかりやすいと思います。

要点が明快であり説明も丁寧なので、

アフィリエイトを始めるにあたってはいい本です。

不動産更新料は本当に支払う必要があるか
スポンサーサイト

テーマ : 紹介したい本 - ジャンル : 本・雑誌

ビジネスで活かせるブログの始めかた



ブログのビジネス利用について事例を用いて解説。

初心者向きのブログ本。


不動産投資情報

ジェイコム男 不動産投資

テーマ : 書評 - ジャンル : 本・雑誌

ビジネスブログのつくりかた



2005年の本だけあってほとんど新たな知識が得られない。

不動産投資情報

テーマ : 読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

ビジネスマンのための「読書力」養成講座



ビジネスマンのための「読書力」養成講座

速読とは一線を置き、本の内容に応じて5段階のレベルに分け、

それぞれのレベルでの読み方のノウハウを提示しています。

MBAを取得し経営コンサルタントでもある著者が

影響を受けた本が多く紹介されている点も興味深いです。

読書、学ぶことを再認識させてくれ、

モチベーションを上げてくれる良書です。

不動産投資情報

テーマ : オススメ本!! - ジャンル : 本・雑誌

「知」のソフトウェア



情報の真偽を吟味・加工し、ゆたかな知的生産を行うには、何が必要か。

ジャーナリズムの最前線で活躍をつづける著者が、

体験から編みだした考え方と技法の数々を公開する。

知的財産の増やし方のノウハウ。

もっと効率よく勉強がしたい、

時間を無駄にせずに教養を高めたいという人には良書。

住宅ローン・融資

東証REIT指数連動型ETF

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

立花式読書論、読書術、書斎論



現代を代表する知の巨人の実戦的読書法、読書遍歴。

読みやすい語り口調となっている講演録。

著者の読書術のエキスが濃厚につまった、

座右の銘として役立つ「『実践』に役立つ一四カ条」。

ダブルキャリア 新しい生き方の提案

投資情報

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

ダブルキャリア 新しい生き方の提案



ダブルキャリア 新しい生き方の提案

ダブルキャリアとは、

「主に会社に雇用されている人が、

これからのキャリアを 充実させるため、

今、取り組んでいる仕事のほかに、

もうひとつ別の仕事をもつこ と」。

単なる小遣い稼ぎの副業ではなく、

会社がどうなるかわからない今の時代のリスクヘッジとして、

また自分にとって満足感のあるキャリア形成をすすめる素晴らしい本です。

不動産購入

マンション購入

住宅ローン情報

テーマ : オススメ本!! - ジャンル : 本・雑誌

口コミ伝染病―お客がお客を連れてくる実践プログラム




この本では口コミを伝染させ売り上げもアップする

5つのステッププログラムをわかりやすく解説。

「口コミ」をキーワードに、お客の話題になる会社づくり、

営業販売戦略づくりをし、口コミを味方につけようというものである。

読みやすく、非常に理解しやすい内容。

非常に評判のいい一冊。

個人的には、評判ほどの良さを感じなかった。

不動産担保ローン

マンション購入

不動産投資情報

テーマ : 気になる本をチェック!! - ジャンル : 本・雑誌

READING HACKS



READING HACKS!―読書ハック! 超アウトプット生産のための「読む」技術と習慣

本とウェブをうまくリンクさせるハックを提示。

これまでの多くの読書本との違いは「本の読み方」というよりも

「便利な読書術」が実用的に、わかりやすく書かれている点ではないでしょうか。

本書で紹介されている読書本も、有用な情報でした。

内容が非常に実践的です。

READING HACKS!―読書ハック! 超アウトプット生産のための「読む」技術と習慣

不動産投資情報

不動産投資信託情報

テーマ : 気になる本をチェック!! - ジャンル : 本・雑誌

竹中式マトリクス勉強法



経済学者の竹中平蔵氏が、

自ら実践してきた勉強法を非常に読みやすく綴っています。

経済学に関する書籍は多く書いてきた著者ですが、

個人のスキルアップに関する本の執筆は初めてです。

竹中平蔵氏の試行錯誤してきた勉強法、エピソードだけでも

十分に興味深いです。

不動産投資情報

不動産購入情報

竹中式マトリクス勉強法

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

日本のメディア

速報性という点で、紙の新聞はテレビにかなわなかったが、ウェブを使えば、テレビより早くニュースを送れる(テレビでは、ニュースの時間まで待っていなければならない)。そして背景や解説などを紙の新聞で書くことで、速報を補完できる。

 技術的な観点から見ても、新聞・雑誌を中心とする紙媒体とネットとの親和性は高い。相互に補完し、補強しあえる。テレビと新聞、テレビとネットとの連携は考えにくいが、紙媒体とネットとの連帯はありうるのだ。

テレビの広告費が減少し始めているのは、注目すべき現象だ。人々がテレビ離れを起こしつつあるいまこそ、紙の媒体が、ウェブと連携した新しい形態の情報提供を始めるべきだろう。

そのような連携体制から最も強力なメディアが誕生することになるはずなのに、なぜこの方向を積極的に推し進めないのだろう。

 その基本的理由は、「ウェブが敵か味方か」に関する基本的認識にあると考えざるをえない。現在の日本の新聞は、「止むを得ずウェブに対応する」という姿勢であり、それを積極的に活用するという姿勢ではない。それこそが、問題だ。

しかも、日本のマスメディアは都心に不動産を保有しているので、いまや不動産収入で利益を確保し、メディア事業は余技として行なっているとさえ言われる。しかし、これではあまりに情けない。

 最低限、実験的な試みがなされてもよいはずだ。新しい試みが「あらたにす」だけだというのは、発想の貧困さの証拠であるように思えてならない。

野口悠紀夫氏の鋭い指摘は素晴らしい。

不動産投資情報

お金に困らなくなる マイホームの買い方・つかい方―「暴落するマンション・売れない一戸建て」をつかまない知恵

テーマ : 役立つツール - ジャンル : コンピュータ

出版不況

街の本屋が、次々に姿を消している。

新刊書店の店舗数は、この1年間で

1割近くも減ったという調査結果があるぐらい。

販売部数の低迷、

広告収入の減少、

用紙代高騰。

ネットでの情報収集はより一層便利になっている。

出版社や書店の淘汰は避けられないと思います。

不動産投資情報

不動産口コミ情報

アパート マンション

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

アルファブロガー



「日本のアルファブロガー」として名前の上がったトップ20のうち、主にITビジネスや時評といった分野で活躍する「ベストイレブン」の方々に、どのようにブログを運営しているのか、その秘訣を教えてもらいました。

アクセスアップに心がけていること、ネタの探し方や情報の整理のコツ、ブログを本業に役立たせるいろいろな考え方などなど。そしてこれからのインターネットはどこに向かうのか、ブログの魅力と可能性(そして限界)はどこにあるのか?

アルファブロガーたちの、口語で語られる洞察がコンパクトな一冊。

不動産投資情報 売却 査定

テーマ : **本の紹介** - ジャンル : 本・雑誌

ブログではじめる!ノーリスク起業法のすべて



ブログ起業マニュアル。

参考程度に読まれるのがいいと思います。

PR:不動産投資情報

PR:東証REIT指数投資情報

テーマ : **本の紹介** - ジャンル : 本・雑誌

勝間和代氏のJ-Wave「Book Lovers」いいですね

勝間和代公式ブログ: 私的なことがらを記録しよう!!

で早速このブログのコメントが紹介されていました。

正直、こんなブログを見つけていただけるとは思っていませんでした。

下書きのような感想だったので、またプラスの感想を加えて再度書こうと思います。

マイナスな感想にもかかわらず、紹介いただき光栄です。

ところで、J-Wave「Book Lovers」を聴きましたが、本当にいいですね。

これまでにない新しい、「本とネットの融合」。

これからの放送にもかなり期待できそうです。

テーマ : 役立つツール - ジャンル : コンピュータ

勝間 和代氏の「読書進化論」を軽く読んで



読書進化論~人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか~

ベストセラーを連発する勝間氏の読書歴、出版のエピソード、読書法

は大変興味深いものでした。

尊敬している著者の一人ですが、

あえてマイナスな感想についてまずは書こうと思います。

勝間氏の著書には、「貪欲さ」

言葉を換えれば「ガツガツした印象」を感じます。

商業的な、

「儲け」

を非常に意識した「いやらしさ」のようなものを感じてしまいます。

この本は「書店・出版社を応援する本

ともとれなくはないです。

勝間氏の考えるように、極端な言い方をすれば「勝間氏が儲かるように」、

世の中を動かそうと試行錯誤しているような「違和感」を感じます。


この「違和感」や「貪欲さ」が勝間氏の人並みはずれた

「すごさ」なのかもしれないとも感じます。


しかし、良書です。

あえてマイナス面の感想を書きました。

プラスの感想はまた書こうと思います。

しかし、勝間氏は本当にマーケティングがうまいですね。

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

kazu1044

Author:kazu1044
FC2ブログへようこそ!



ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Google
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。