FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝間和代さんにやっぱり疑問

ありがたいコメントをいただいたので、さらに考える。

なぜ勝間氏はこんなにも高い価格(多くは約1万円)で

オーディオブックの販売をするのか?

勝間氏サイドのコストはそれほどかかるはずはない。

行なったセミナーで高額な報酬を得ているのにもかかわらず、

さらにそれをオーディオブックとして販売する。


いただいたコメントは以下の通り。

「著書に書いてあるとおり、コストではなく、

価値で値付けしているだけのことだと思います。

セミナーが3万5千円でいつも満員ですから、

この値付けなんだと思います。」

確かにもっと高額な情報商材も世の中にはある。

しかし、買ってくれる人がいるから、その価格でいいだろうという主張

には大きな違和感を抱いてしまう。

勝間氏はGIVEの5乗など、与えることを著書の中で主張する。

また、社会貢献、寄付の文化をつくると主張している。

一万円するオーディオブックが、このような主張をする方の

「GIVE」なのだろうか。「社会貢献」なのだろうか。


YouTube にでも公開したほうが

よほど「GIVE」や「社会貢献」なのではないだろうか。

勝間氏のオーディオブックの活動にはこうした違和感がある。

最近3000円の商品をだしたり、300円のキャンペーンを

しているが、1万円ではあまり売れない状況が背景にあるのではないだろうか。

「セミナーが3万5千円でいつも満員」なのは

勝間氏に直接会えるという付加価値があってこその状況なのではないだろうか。

勝間氏のオーディオブックの事業は

実質的な値下げが起きるのではないだろうか。

ビジネス書がCD付で1万円していても買う人はどれほどいるだろうか。

尊敬する勝間氏だが、オーディオブックの事業には

大いに疑問を感じる。
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazu1044

Author:kazu1044
FC2ブログへようこそ!



ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Google
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。