スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OpenOffice.org

OpenOffice.orgは、誰でも無料(無償)で利用できるオフィスソフトです。
OpenOffice.orgには、ワープロ、表計算、プレゼンテーション、データベース、図形描画、数式作成が含まれ、オフィスソフトとして十分な機能を持っています。しかも、Microsoft Officeと互換性があり、Microsoft Officeのファイルを開いて編集することができます。さらに、Microsoft Office形式で保存することも可能です。

フリーで利用できるうえに高機能であり、互換オフィスの本命と目されている「OpenOffice.org(オープンオフィス)」。その最新バージョンである3.0の公開ベータバージョンが5月8日に公開され、多くのユーザーから注目を集めている。

この表を見るとオープンオフィスは、マイクロソフトオフィスでいうところの「プロフェッショナル」というエディションに該当することが分かる。マイクロソフトオフィスの「Word(ワード)」はオープンオフィスの「Writer(ライター)」に、「Excel(エクセル)」は「Calc(カルク)」に、「PowerPoint(パワーポイント)」は「Impress(インプレス)」に相当する。メーラーと個人情報管理ツールを兼ねる「Outlook(アウトルック)」に類するソフトウエアは同梱していない。

一方、ファイルの互換性は難解だ。というのもマイクロソフトオフィスとオープンオフィス双方ともに、バージョンアップするにつれて扱えるファイル形式を増やしているからだ。特にマイクロソフトオフィスでは2007で標準のファイル形式を一新している。オフィス2007の標準形式で作ったファイルを2003で扱うには、「互換機能パック」と呼ばれるアドオンツールをマイクロソフトのウェブサイトからダウンロードしてインストールしなければならないのだ。
 さらにファイルの互換性を分かりにくくしているのが、ODF(Open Document Format for Office Application)やOOXML(Office Open XML Format)という「国際標準に対応したファイル形式」の存在だ。一応ODFはオープンオフィス2.xのファイル形式、OOXMLはマイクロソフトオフィス2007のファイル形式と考えていい(OOXMLにはISO規格を獲得するための修正が加えられているため、厳密にはマイクロソフトオフィス2007の標準ファイル形式と同じとはいえない)。
スポンサーサイト

テーマ : 役立つツール - ジャンル : コンピュータ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazu1044

Author:kazu1044
FC2ブログへようこそ!



ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Google
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。