スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝間 和代氏の「読書進化論」を軽く読んで



読書進化論~人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか~

ベストセラーを連発する勝間氏の読書歴、出版のエピソード、読書法

は大変興味深いものでした。

尊敬している著者の一人ですが、

あえてマイナスな感想についてまずは書こうと思います。

勝間氏の著書には、「貪欲さ」

言葉を換えれば「ガツガツした印象」を感じます。

商業的な、

「儲け」

を非常に意識した「いやらしさ」のようなものを感じてしまいます。

この本は「書店・出版社を応援する本

ともとれなくはないです。

勝間氏の考えるように、極端な言い方をすれば「勝間氏が儲かるように」、

世の中を動かそうと試行錯誤しているような「違和感」を感じます。


この「違和感」や「貪欲さ」が勝間氏の人並みはずれた

「すごさ」なのかもしれないとも感じます。


しかし、良書です。

あえてマイナス面の感想を書きました。

プラスの感想はまた書こうと思います。

しかし、勝間氏は本当にマーケティングがうまいですね。
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:kazu1044
FC2ブログへようこそ!



ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Google
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。